無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    爪のお手入れ!
    0
      JUGEMテーマ:ペット

      ワンコの爪切りのポイント!!

      ワンコの爪を見ればそのワンコの飼育状況が判断できるっていいます!爪が伸びてるワンコは運動不足や屋外での散歩不足なのです。良く散歩し運動してるワンコは自然に爪が磨耗して適当な長さに保っているので伸びすぎてるって事はほとんど無いですね!特に室内犬の場合は運動の機会も少ないので要注意です。。。

      ワンコの爪は人とは違って丸く曲がった鉤爪(カギツメ)なので、爪切りもワンコ専用の爪きりニッパーを使用します。間違っても人間用の爪切りはタブーです!!爪が割れるケースが多いのとよほど注意しないと深爪したりします。

      爪の手入れをせずに、伸びすぎると巻き爪状態になって足裏の皮膚に食い込んで化膿して炎症が起きたりしますので、1〜2ヶ月に1度はチェックして切って上げるようにしましょう〜!
      特に第5の爪(人の親指に当たる爪)は地面につかない為に他の爪より伸びが速いので巻き爪にならないように忘れずに切って下さい!

      シュナの爪は黒くて血管の位置がわかりずらいので、フットパッド(肉球)に平行に切る事がポイントです。

      慣れないうちは、爪の先端部分の1〜2ミリを慎重に切る程度でとどめる方が安全です。もし切り過ぎて出血した場合は、止血剤を使用するととまりますので、慌てずに処置してください!!

      真ん中の道具がワンコ用ニッパーです。他の4点は最低家庭にあると便利な道具を並べてみましたのでご参考に。。。
      左から順に・・・・
      コームブラシ
      スリッカーブラシ
      爪きりニッパー(ギロチン型)
      カンシ
      カットばさみ

      他にも色々グルーミング時の道具はありますが、取り合えずお家でママさんトリミングをする際の最低道具の5種類です。また、これにバリカンがあればほぼベストですね!

      にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
      上向き参加中です!応援ポチをよろしくお願いしますムード

      | mini-schna | ミニシュナ 各部位のお手入れ法 | comments(4) | trackbacks(0) |
      足裏のお手入れ!
      0
        JUGEMテーマ:ペット

        足のお手入れは毎日の散歩後にチェックを!

        ワンコが最も汚れやすい部位は足の裏です。肉球(パッド)の表面は顆粒状でザラザラしてますがここが一番の汚れの箇所なんですよ!ワンコが汗をかくのはここだけなのです。。。

        暑さや一時的な体温調節には「熱性多呼吸」によってうまく調節してます。この熱性多呼吸と言うのは、口腔や舌や気道から水分を蒸発させて上昇する体温を調節します。口をあけて舌を出して、「ハーハーハーハー・・・ゼーぜーぜーゼー」とあえぐように呼吸を早めてるのはこの為なのです。
        喉が渇いて水分が欲しいからだけで、舌を出してる訳じゃないんですよ^^

        パッドは一番丈夫な部位ではありますが、過信は禁物です!裸足状態なので傷めることもよくありますよね!手入れしないと、雑菌も付着しやすい足の裏もお散歩の後は毎回チェックしておきたい所ですね!
        また、パッド間から毛が生えてますが、これが伸びてきたら必ずカットしてあげましょう!伸び過ぎると、フローリング等の床材でワンコが滑りやすく踏ん張りが利かずに関節をいためる子もいますので。


        パッドの間からはみ出してる毛をハサミで注意しながらカットします!間違えてもパッドをきらないように注意が必要ですよ!!



        ハサミが苦手な方はバリカン(クリッパー)をお勧めします。1mm刃を使えば短く出来ます♪

        四肢は地面について生活する部位です。パッドは角質化してひび割れするワンコもいます。あまり神経質になる必要も無いですが、出血が有る時は人と同様にビタミンEを多く含むクリームなどを付けてあげればいいと思いますよ。常日頃からお散歩後には豆にチェックしておきたい箇所ですね♪

        にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
        上向き参加中です!応援ポチをよろしくお願いしますムード
        | mini-schna | ミニシュナ 各部位のお手入れ法 | comments(0) | trackbacks(0) |
        肛門線の手入れを忘れずに!
        0
          シャンプー時には必ず肛門線絞りを!

          肛門線(=肛門嚢線コウモンノウセン)って聞いた事はあると思います。シャンプー時に必ずお手入れされてる方もいらっしゃると思いますが、今日はこの肛門線の絞り方を解説しま〜す♪

          肛門嚢線は内外肛門括約筋の間にある左右一対の線で、ここから導管が肛門に開口してます。この分泌物は脂状でひどい悪臭を放ちます!排便時の圧力でこの嚢に溜まってる分泌物は押し出されますが、人為的に絞りだして上げないと、貯蓄した分泌物があふれ出し炎症を起こしたり、物に尻をこすりつける行動を頻繁に起こしたりだとか、肛門の周囲も汚れて悪臭がします。また座っていた場所に嫌な変な臭いがする小さなシミがついたりすることもあるので、注意してればわかります。

          肛門嚢は肛門の外側の両サイド(4時と8時の位置)にあります。内部は袋状になってますので、月1の家庭でのシャンプー時には必ず絞ってあげて下さいね!!


          このように、本来はテイッシュやガーゼを肛門に当てて4時8時の位置の嚢袋を押してつまみ上げて手前に引いて絞る!ただ、我が家ではこの方法はおすすめせずに下の方法で行ってます!↓



          テイッシュやガーゼで覆ってしまうと中々素人さんでは、うまく絞り出せないので、手を上の方法とは逆にする事によって肛門汁が手の中で納まるので、飛び散る心配がありません。

          この肛門線の絞り出しは、ハッキリ言って臭すぎます!!この臭さには絶えられません!私はやった事無いですが、妻に絞り出した臭いを嗅がせられ気絶しそうでした!
          ここは、人間同様とっても大事なとこなので必ず綺麗にしておかないと、人間で言う「痔」になってしまうのではないかと思います。痔と言ってもただの痔ではなく膿んで化膿する「痔ろう」ってやつです。
          私自身、持病が「痔」なので、特に気になります^^

          以上ですが、たいへん見苦しいアップ画像ですいませんでした〜!お食事中の方ごめんなさいね〜。

          にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
          上向き参加中です!応援ポチをよろしくお願いしますムード
          | mini-schna | ミニシュナ 各部位のお手入れ法 | comments(4) | trackbacks(0) |
          耳のお手入れ(毛抜き&掃除)
          0
            JUGEMテーマ:ペット

            パパはヤフーブログを今月一杯で止めちゃうみたいなので、今日から、パパが以前ヤフーブログで書いてた、シュナのお手入れ法の記事を引っ越しして、少しずつ書いていきます鉛筆2ニコニコ

            耳の中は日頃からチェックを!

            耳の中の汚れは、犬種によっても違いはありますが比較的立ち耳のワンコは綺麗ですが、たれ耳のワンコは通気が良くない為、中が湿っぽくて汚れやすく耳の病気も多いのも事実です。

            耳のお掃除&毛抜きも肛門嚢線絞り同様に最低シャンプー後くらいは必ずチェックしておいたほうがいいです。特にシュナの場合は耳道に毛がたくさん生えますので、雑菌や耳ダニが繁殖しやすかったり、既に悪臭がしたり、皮膚が赤いなど・・・このような症状があったら外耳炎や感染症にかかってる可能性もありますので、すぐに獣医さんの診察を受けたほうがいいですよ!



            滑り止め用にイアーパウダーを付けて、数本ずつ指先で抜いていきます!




            中の奥の方の毛は手では抜けませんので、カンシを使い抜きます抜いた後も綿棒やコットンもしくはカンシにカット綿を巻き付けローションを付けて汚れをふきとります。この際はごしごしすると傷付けるので優しくふき取りましょう♪

            本来、耳の毛もただ生えてる訳ではなく外のほこりやゴミや虫などの侵入を防ぐ役割があるのですが、生えすぎると通気が悪くなるので、耳の手入れは豆に日頃からチェックしておきたい箇所ですね♪

            にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
            上向き参加中です!応援ポチをよろしくお願いしますムード




            | mini-schna | ミニシュナ 各部位のお手入れ法 | comments(0) | trackbacks(1) |